災害や泥棒の被害に遭った時には行政を利用

2016年10月13日 | からkirakirax | ファイル: 生活.

泥棒や災害にあっても誰も助けてくれない、と思っている君に耳寄りな情報。
マンションが家事になってしまった友人がいた。
大変だろうな、と思って見舞いに行くと、意外やニコニコ。
「会社から見舞金が出てさあ」
ゼロファクター5αspローションの効果・評判 ヒゲを薄くするなら

この言葉に、愕然としたのはアルバイトを渡り歩くI君。
「いいっすよねえ、でも僕たちが災害とか泥棒とかにあったらどうすりゃいいんでしょ。結局、フリーって独りぼっちなんですよねぇ」
オイオイI君、人って漢字はだななんてなだめてる場合じゃないな。

そんな時に、意外と力になってくれるところがあるのだ。
もちろん、火災保険や災害保険に入ってりゃ何の問題もないんだけど、そんな予防策がない場合の味方は、なんと行政なのである。

だからといって、行政から「見舞金です」なんて優しさがあるわけじゃない。
ずばり、税金の控除が受けられる。
まあ、得するわけじゃないんだが、そんな災難を申告しなかったことで損するということは多々あるのである。
ころころ歯ブラシの効果・口コミ|歯周病を歯磨きで改善


コメントは締め切りました。