ある公益法人の今後について

2015年11月15日 | からkirakirax | ファイル: 未分類.

「ストレートに答えの出る問題が少ないじゃないですか?
その割には活動の実態が伝わっていないですよね。
対象になる著作物ってどこまでなんですか?」
「デジタルコンテンツ全部です。
僕の夢はすべてのデジタルコンテンツの権利保護をここでやることなんです。
ACCSは独創的で創作性の高いデジタルコンテンツを供給するなら、
みんなここに来なさい、と言いたいんです」
「それはまた、壮大な話ですね。
現状どんなコンテンツでもデジタル化を視野に入れてますよね。
そうすると、日本中の文化がここに集約されるわけですよね」
「そう、それで、海外にもきちんと権利と文化を持って出ていきたい」

日本のコンテンツは世界に進出しているのに、
それほど儲かってなさそうなのはどうしてなのだろうと考えている私は近頃、
寸暇を惜しんで大聖戦!ヴァルキリーサーガ 淫乱の戦乙女をプレイしているのだ。


コメントは締め切りました。